ガラス交換を行なう前に情報収集

ガラス交換を行なえば自宅での生活をより快適にすることができます

交換するガラスを選ぶ~それぞれの特徴~

ガラス交換を実施する際はいろいろなガラスを試してみて、それぞれの住宅に適したガラスがどれなのかを調べてみましょう。

お勧めのガラスは

フロートガラス
無色透明で一般的に使用されているガラスはフロートガラスと呼ばれており、加工が簡単に行なえるためいろいろな場所に利用されることが多いです。厚みがあって強度もそれなりにあるため、水槽などにも利用されています。
強化ガラス
フロートガラスに熱処理を加え、瞬時に冷却して作られるのが強化ガラスです。フロートガラスの約4倍程の強度がある上に割れたガラスは粒上に変形するため、万が一ガラスが割れてしまっても怪我をする心配はありません。
型板ガラス
ロールアウト法と呼ばれる技術によってぼかし模様が入っているガラスは、一般的に型板ガラスと呼ばれています。主に部屋の窓や玄関、浴室などの場所で利用されていることが多いです。光の透過率が高くて明るさも優れています。
防犯ガラス
二枚のガラスとの間に特殊な板を挟んだ防犯ガラスはとても耐久性が高く、少し窓を叩いたぐらいではガラスが割れることはありません。このガラスを窓などの場所へと導入しておけば、空き巣などの犯罪が発生する確率を最小限に抑えることが可能です。

ガラス交換をスムーズに行なうには

ガラス交換を依頼する際はまずガラスのサイズを大まかに確認しておき、同時に交換してもらうガラスの種類もよく確認しておかねばなりません。こうした要素をきちんと把握していれば、スムーズにガラス交換を完了させることができます。ガラス交換を実施してもらう場所の高さなどもよく調べておくと、ガラス交換などの作業にかかる時間をより短くすることが可能です。割れたガラスをいち早く修理しておきたい場合は、こういった要素をよく調べておきましょう。

TOPボタン